遺留分減殺請求権

読み方:いりゅうぶんげんさいせいきゅうけん

遺留分を侵害している遺贈や贈与があったときに、遺留分の財産を返しなさいという請求をする権利のことです。

遺留分減殺請求権とは、遺留分を侵害している遺贈贈与があったときに、遺留分の財産を返しなさいという請求(遺留分減殺請求)をする権利のことです。

遺留分減殺請求権は、減殺すべき遺贈や贈与があったことを知った時から1年間行使しない場合、相続開始の時から10年を経過した場合、時効となり消滅します。

関連項目

  • 最終更新日:2010年10月13日(水)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ