表示登記

読み方:ひょうじとうき

建物を新築した場合などに、新たに登記簿の表題部を作る登記を「表示登記」といいます。

表示登記とは、建物を新築した場合などに、新たに不動産登記簿表題部を作る登記のことです。

所在地、種類、構造、床面積などを申請し、原則として登記官が現地調査をした上で表示登記が行われます。

関連項目

  • 最終更新日:2010年10月20日(水)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ