競売

読み方:けいばい

債務不履行になった場合に、裁判所を通じて不動産を競りにかけ、最高価格で入札した人に売却し、売却代金によって債務の弁済を受ける債権回収手続きを「競売」といいます。

一般的には「きょうばい」と呼ばれることが多いですが、法律用語としては「けいばい」と読みます。

競売とは、債務不履行状態(ローンなどを返してもらえなくなった状態)になった場合に、債権を回収するための法的手続きの一種で、債権者からの申し立てにより、裁判所を通じて不動産を競りにかけ、最高価格で入札した人に売却し、その売却代金によって債務の弁済を受けるという制度のことです。

一般的には「きょうばい」と呼ばることが多いですが、法律用語としては「けいばい」と読みます。

関連項目

  • 最終更新日:2010年12月07日(火)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ