直接還元法

読み方:ちょくせつかんげんほう

不動産鑑定評価方法のうち、不動産から得られる一定期間の純収益を、還元利回りで割り戻して計算する方法を「直接還元法」といいます。

直接還元法とは、収益方式による不動産鑑定評価方法の一つで、不動産を運用して得られる一定期間(一般的には初年度の1年間)の純収益(収入から経費をマイナスした値)を、還元利回りで割り戻して計算する方法です。

関連項目

  • 最終更新日:2010年06月24日(木)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ