登録免許税

読み方:とうろくめんきょぜい

登記や登録を行ったり、免許や許認可の申請を行うなど、取引にかかる国税が「登録免許税」です。

登録免許税とは、登記や登録を行ったり、免許や許認可の申請を行うなど、取引にかかる国税です。

具体的には以下のような登記や登録などに対して登録免許税がかかります。

  • 不動産の登記
  • 船舶の登記
  • 航空機の登録
  • 動産の抵当権の登記
  • 著作権や出版権の登録
  • 会社や個人の商業登記
  • 資格の登録

個人で登録免許税を納める機会で一般の人に馴染み深いのは、マンションなど不動産を購入した際にかかる登録免許税でしょう。

弁護士・公認会計士・税理士・医師・看護師・薬剤師・などの士業(師業)は、登録をする際に登録免許税がかかります。

関連項目

  • 最終更新日:2010年04月13日(火)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ