申告分離課税

読み方:しんこくぶんりかぜい

「申告分離課税」とは、他の所得と総合(合計)しないで税額計算する課税方法のうち、申告をしなければならない課税方法のことです。

一時的・臨時的に発生する所得が申告分離課税されます。

申告分離課税とは、他の所得とは総合(合計)しないで税額計算する課税方法のうち、申告をしなければならないものです。

一時的・臨時的に発生するような所得は、申告分離課税されます。

合計しないで、分離課税されることによって、一時的に発生した所得に対しては、税金がかかりすぎないように配慮されているのです。

具体的には、

  • 譲渡所得のうち、分離短期譲渡所得・分離長期譲渡所得・株式等の譲渡所得に該当するもの
  • 山林所得
  • 退職所得

が、申告分離課税の所得です。

関連項目

  • 最終更新日:2010年04月02日(金)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ