現価係数

読み方:げんかけいすう

一定期間、一定の利率で複利運用した、将来の目標額が決まっているときに、現在元本がいくらあればいいのかを計算する係数が「現価係数」です。

現価係数とは、一定期間、一定の利率で複利運用した、将来の目標額が決まっているときに、現在元本がいくらあればいいのかを計算する係数です。

例えば、年利率7.2%で複利運用する場合に、10年後に1000万円にしたいと思ったときに、現在手元にいくらあればいいのかといった計算をする際に用います。

現価係数を使って行う計算を、Excelの場合はPV関数を使って行うことができます。

  • 最終更新日:2010年05月09日(日)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ