特定口座

読み方:とくていこうざ

個人が証券会社に持つ口座の一つで、上場株式の売買から生じた譲渡所得の年間損益を、証券会社が計算してくれる口座が「特定口座」です。

「源泉徴収あり」「源泉徴収なし」の2種類があり、「源泉徴収あり」の場合、確定申告は不要になります。

特定口座とは、個人が証券会社に持つ口座の種類の一つで、上場株式の売買から生じた譲渡所得の年間損益を、証券会社が計算してくれる口座です。

特定口座には

  • 源泉徴収あり
  • 源泉徴収なし

の2種類があります。

「源泉徴収あり」では、株式売買で得た利益にかかる税金の計算から納付まで、証券会社が代行してくれるため、確定申告を行う必要がなくなります。

「源泉徴収なし」では、個人が確定申告するための年間取引報告書を、証券会社が作成してくれるため、確定申告作業が楽になります。

なお、一般口座や複数の証券会社の特定口座との損益通算、譲渡損失の繰越控除の特例を受けるには、確定申告が必要となります。

関連項目

  • 最終更新日:2010年05月23日(日)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ