斜線制限

読み方:しゃせんせいげん

道路や隣地との境界線などを基準に、一定の角度で斜め上方向に立ちあがる斜線を想定し、建築物の各部分の高さを、この斜線の範囲内に制限するのが「斜線制限」です。

斜線制限とは、建物の建つ周辺の住環境を守るために、道路や隣地との境界線などを基準にして、一定の角度で斜め上方向に立ちあがる斜線を想定し、建築物の各部分の高さを、この斜線の範囲内に制限するものです。

関連項目

  • 最終更新日:2011年11月21日(月)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ