推定相続人

読み方:すいていそうぞくにん

現在の状況のまま、相続が発生した場合に、相続人となるはずの人を「推定相続人」といいます。

推定相続人とは、現在の状況のまま、万一相続が発生した場合に、相続人となるはずの人のことです。

推定相続人は、遺言の証人や立会人になることはできません。

  • 最終更新日:2010年08月03日(火)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ