接道義務

読み方:せつどうぎむ

都市計画区域内の建築物の敷地が、道路に2m以上接していなければならないことを「接道義務」といいます。

接道義務とは、建築基準法の規定により、都市計画区域内の建築物の敷地が、建築基準法上の道路に、2m以上接していなければならないことをいいます。

災害時に避難する経路を確保することや、消防車や救急車などの緊急車両の経路を確保することが目的で定められています。

  • 最終更新日:2010年06月23日(水)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ