抵当権抹消登記

読み方:ていとうけんまっしょうとうき

不動産登記簿の乙区から抵当権を抹消して、その不動産に対する抵当権を消滅させる登記を「抵当権抹消登記」といいます。

抵当権抹消登記とは、不動産登記簿の、権利部乙区から抵当権を抹消して、その不動産に対する抵当権を消滅させる登記のことです。

住宅ローンを完済しても、ローンを組む際に設定した抵当権が自動的に消滅することはなく、抵当権抹消登記を行う必要があります。

関連項目

  • 最終更新日:2010年11月06日(土)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ