建築基準法

読み方:けんちくきじゅんほう

国民の生命・健康・財産を保護するために、建築物の敷地・構造・用途などについて、最低限の基準を定めた法律が「建築基準法」です。

建築基準法とは、国民の生命・健康・財産を保護するために、建築物の敷地・構造・用途などについて、最低限の基準を定めた法律です。

内容的には、個々の建築物の性能に関する基準が示された単体規定と、都市計画的な内容の集団規定とがあります。

集団規定では、接道義務など建物敷地の条件、用途地域規制、容積率建ぺい率、高さや日陰の制限などが規定されています。

関連項目

  • 最終更新日:2013年11月25日(月)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ