建物譲渡特約付借地権

読み方:たてものじょうととくやくつきしゃくちけん

「建物譲渡特約付借地権」とは、定期借地権の一つで、契約期間が30年以上で、30年経過後に地主が借地上の建物を買い取ることにより、契約が終了するものです。

建物譲渡特約付借地権とは、定期借地権の一つで、契約期間が30年以上で、30年経過後に地主が借地上の建物を買い取ることにより、契約が終了するものです。

建物買取後も建物を継続して使用することを、借地人が地主に請求したときには、期間の定めない建物賃貸借が設定されたとみなされ、借地人は借家人として建物を継続使用することができます。

関連項目

  • 最終更新日:2010年04月24日(土)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ