建ぺい率

読み方:けんぺいりつ

敷地面積に対する建築物の建築面積の割合を、「建ぺい率」(建蔽率)といいます。

用途地域や建物の構造などによって建ぺい率は定められています。

建ぺい率とは、敷地面積に対する建築物の建築面積の割合のことです。

日照・採光・通風を確保したり、防火や万一の際の避難路などのために、用途地域や建物の構造などによって建ぺい率は定められています。

例えば、建ぺい率が50%の地域の場合、土地の面積が100平方メートルあれば、建築面積は50平方メートルとなります。100平方メートルの土地があっても、1階あたりの面積が50平方メートルを超えるような建物を建てることはできません。

関連項目

  • 最終更新日:2010年05月20日(木)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ