年金現価係数

読み方:ねんきんげんかけいすう

一定期間、複利運用しながら、一定金額を定期的に受け取るためには、現在いくらの元本があればいいのかを計算する係数が「年金現価係数」です。

年金現価係数とは、一定期間、複利運用しながら、一定金額を定期的に受け取るためには、現在いくらの元本があればいいのかを計算する係数です。

また、一定期間一定金額を返済するときに現在いくらまでローンを組めるのか、といった計算も年金現価係数を使ってできます。

例えば、年利率7.2%で複利運用しながら、毎年100万円を受け取りたいと思ったときに、元本はいくらあればいいのかといった計算をする際に用います。

年金終価係数を使って行う計算を、Excelの場合はPV関数を使って行うことができます。

  • 最終更新日:2010年05月09日(日)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ