定率法

読み方:ていりつほう

減価償却費の計算で、資産の価値が毎年定率で下がるという考えに基づく計算方法を「定率法」といいます。

定率法とは、減価償却費の計算方法の一つで、資産の価値が毎年定率で下がるという考え方に基づくものです。

定率法の場合、1年あたりの減価償却費は、未償却算残高に償却率を掛け算して求めます。

償却期間の早い時期ほど、多くの費用を計上することができます。

定率法に対して、資産の価値が毎年同額で下がるという考えに基づく計算方法を「定額法」といいます。

関連項目

  • 最終更新日:2010年08月09日(月)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ