宅地建物取引業

読み方:たくちたてものとりひきぎょう

宅地建物の売買・交換を行ったり、売買・交換・賃借の代理や媒介をすることを、不特定かつ多数の人を相手に、業として行うことを「宅地建物取引業」といいます。

宅地建物取引業とは、宅地建物の売買・交換を行ったり、売買・交換・賃借の代理や媒介をすることを、不特定かつ多数の人を相手に、業として行うことです。

宅地建物取引業を行うためには、宅地建物取引業法に基づく免許の取得が必要です。

関連項目

  • 最終更新日:2011年03月28日(月)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ