宅地建物取引主任者

読み方:たくちたてものとりひきしゅにんしゃ

不動産会社の顧客に対して、宅地や建物の売買や貸借などの契約が成立するまでの間、重要事項の説明などを行う国家資格者が「宅地建物取引主任者」です。

宅地建物取引主任者とは、不動産会社の顧客に対して、宅地や建物の売買や貸借などの契約が成立するまでの間、重要事項の説明などを行う国家資格者です。

宅建・宅建主任者などと省略して呼ばれます。

宅地建物取引主任者資格試験に合格し、都道府県知事の登録を受けると、宅地建物取引主任者となることができます。

また、登録している都道府県知事から宅地建物主任者証の発行を受けなければ、業務を行うことができません。

宅地建物取引業者は事務所設置の要件として、従業員5名ごとに1名以上の宅地建物取引主任者を置くことが義務づけられています。

  • 最終更新日:2011年04月30日(土)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ