契約

読み方:けいやく

二人以上の人の意思表示の合致によって成立する法律行為を「契約」といいます。

口約束でも契約は成立しますが、契約内容を明らかにし、トラブルを防ぐ必要のある場合には契約書を作成します。

契約とは、二人以上の人の意思表示の合致によって成立する法律行為のことです。

必ずしも契約書による必要はなく、口約束でも契約は成立します。契約書は契約内容を明らかにし、トラブルを未然に防ぐために作成します。

一旦契約が成立すると、一方的に契約を取り止めることはできません。相手の同意が得られれば解約できますが、違約金や損害賠償を求められる可能性もあります。

契約に対して、当事者の一方の意思表示だけで成立する法律行為を「単独行為」といいます。

関連項目

  • 最終更新日:2010年07月21日(水)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ