壁芯面積

読み方:へきしんめんせき

壁の中心線で囲まれた建物の床面積を「壁芯面積」といいます。

壁芯面積とは、建物の床面積の表し方の一つで、壁の中心線(壁の厚さの中心を通る線)で囲まれた部分の面積のことです。

壁芯面積に対して、壁の内側の線で囲まれた部分の面積を「内法面積」といいます。

関連項目

  • 最終更新日:2010年08月06日(金)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ