団体信用生命保険

読み方:だんたいしんようせいめいほけん

「団体信用生命保険」とは、住宅ローンを組んだ人が、ローンの返済途中に死亡したり、高度障害を負ったような場合に、生命保険会社がローンの残された債務を一括返済してくれる生命保険の一種です。

団体信用生命保険とは、生命保険の一種で、住宅ローンを組んだ人が、ローンの返済途中に死亡したり、高度障害を負ったような場合に、生命保険会社がローンの残された債務を一括返済してくれるものです。

省略して「団信」と呼ばれることもあります。

団体信用生命保険に加入していれば、万一の際にも残された家族にローンが残るといった心配をしなくてもよくなります。

関連項目

  • 最終更新日:2010年05月11日(火)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ