印紙税

読み方:いんしぜい

「印紙税」とは、各種文書を作成するとかかる税金で、取引にかかる国税です。

作成した文書に印紙を貼付け、消印することによって納税が完了します。
税額は取引額によって定められています。

印紙税とは、契約書や領収書などを作成するとかかる税金です。

契約書や領収書が作成されるということは、何らかの経済的な取引が行われる(行われた)ということで、税金を負担する能力があるとみなされ税金がかかります。

印紙税は取引にかかる国税です。

作成した契約書や領収書に印紙を貼り、消印することによって納税が完了します。印紙を貼付けても消印をしていないと納税していないと見なされ罰則があります。

収入印紙が正しく貼られていない場合は、過怠税が徴収されます。

印紙税の税額は、取引の額によって定められています。

関連項目

  • 最終更新日:2010年04月13日(火)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ