単独行為

読み方:たんどくこうい

当事者の一方の意思表示だけで成立する法律行為を「単独行為」といいます。

単独行為とは、当事者の一方の意思表示だけで成立する法律行為のことです。

契約の解除・債務免除・所有権の放棄・遺言などが単独行為に該当します。

単独行為に対して、二人以上の人の意思表示の合致によって成立する法律行為を「契約」といいます。

関連項目

  • 最終更新日:2010年07月27日(火)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ