区分所有法

読み方:くぶんしょゆうほう

「区分所有法」とは、一棟の建物を区分して所有することや、その権利関係について定めている法律で、正式には「建物の区分所有等に関する法律」といいます。

区分所有法とは、分譲マンションのように、一棟の建物を区分して所有することや、その権利関係について定めている法律です。

正式には、「建物の区分所有等に関する法律」といい、昭和37年(1962年)に制定されました。「マンション法」などと呼ばれることもあります。

区分所有法で認めている所有権を「区分所有権」、区分所有権を持つ人を「区分所有者」、区分所有の対象となる建物を「区分所有建物」といいます。

関連項目

  • 最終更新日:2010年04月22日(木)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ