債務不履行

読み方:さいむふりこう

債務者が債務を履行しない状態を「債務不履行」といいます。

債務不履行には、履行遅滞・履行不能・不完全履行の3つがあります。

債務不履行とは、債務者が債務を履行しない状態のことです。

債務不履行には、履行が遅れる「履行遅滞」、履行ができなくなる「履行不能」、履行はされるが十分ではない「不完全履行」の3つがあります。

債務不履行となった場合、債務者に対して、債権者は、債務不履行の責任を、損害賠償請求などの形で問うことができます。

債務不履行の責任を債務者に問うためには、原則として、債務者に故意や過失があることが必要となります。

関連項目

  • 最終更新日:2011年03月01日(火)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ