保険業法

読み方:ほけんぎょうほう

保険契約者の保護を目的として、保険業に携わる者が守らなければならないことなどを定めた法律が「保険業法」です。

保険業法とは、保険契約者の保護を目的として、保険業に携わる者が守らなければならないことなどを定めた法律です。

1995年(平成7年)に全面改正され少額短期保険業制度を新設して無認可共済が規制されました。また、保険会社の破綻に備えて、保険契約者保護機構の設立が規定されました。

関連項目

  • 最終更新日:2012年09月24日(月)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ