住宅ローン控除

読み方:じゅうたくろーんこうじょ

住宅をや住宅を建てるための土地を購入したときに、住宅ローンを組んでいて、年末にローンが残っているときに、税額から差し引ける税額控除が「住宅ローン控除」です。

景気対策として行われることもあり、住宅にいつ住みはじめたか、年末のローン残高がいくらなのかなどにより、控除額は細かく決められています。

住宅ローン控除とは

住宅ローン控除とは、住宅を購入したり、住宅を建てるための土地を購入したときに、差し引ける税額控除です。

一般的に「住宅ローン控除」と呼ばれますが、正式には「住宅借入金等特別控除」といいます。

住宅を購入したり住宅を建てるための土地を購入したときに、必ず控除できるものではなく、「住宅ローン控除」「住宅借入金等特別控除」の名前のとおり、あくまでも、借入金・ローンがあるときに、税額を控除できます。

住宅や住宅を建てる土地を購入しても、現金で購入した場合や、ローン残高がなくなってしまった場合は適用されません。

また、景気刺激策として使われることの多い制度で、いつでも適用できるものではありません。

住宅ローン控除の控除額

景気対策として行われることもあり、住宅にいつ住みはじめたか、年末のローン残高がいくらなのかなどによって、控除できる額は細かく決められています。

関連項目

  • 最終更新日:2010年04月06日(火)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ