任意後見制度

読み方:にんいこうけんせいど

将来、判断能力が不十分になってしまうことに備え、まだ判断能力が十分ある段階で、法律行為などの代理・補助をする人を本人が選び、任意後見契約を公正証書で結んでおく制度を「任意後見制度」といいます。

任意後見制度とは、成年後見制度の仕組みの一つで、将来、判断能力が不十分になってしまうことに備え、まだ判断能力が十分ある段階で、法律行為などの代理・補助をする人を本人が選び、任意後見契約を公正証書で結んでおく制度です。

関連項目

  • 最終更新日:2010年12月02日(木)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ