乙区

読み方:おつく

不動産登記簿の権利部の中で、所有権以外の権利について記されている箇所を「乙区」といいます。

乙区とは、不動産登記簿の「権利部」の中で、抵当権地上権・地益権など、所有権以外の権利について記されている箇所のことです。

乙区に対し、所有権について記されている箇所を「甲区」といいます。

関連項目

  • 最終更新日:2010年09月15日(水)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ