不動産

読み方:ふどうさん

土地または土地の定着物を「不動産」といいます。

不動産とは、民法に定められた物の一種で、土地、または、土地の定着物のことです。

土地の定着物としてもっとも代表的なものが建物で、その他、立木などが該当します。

不動産は、移動が困難で、一般に財産として高額であるため、動産とは区別して扱われています。

本来は不動産ではありませんが、不動産に準じて扱われるものい、船舶や航空機などがあります。

関連項目

  • 最終更新日:2012年05月22日(火)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ