不動産登記簿

読み方:ふどうさんとうきぼ

不動産の物理的な状況や、権利関係などが記載された、登記所に備え付けられた帳簿を「不動産登記簿」といいます。

不動産登記簿とは、不動産の物的な状況や、権利関係などが記載された、登記所に備え付けられた帳簿のことです。

基本的には、土地と建物それぞれで別の登記簿が存在します。

不動産登記簿は、不動産の地番地目などの物理的な状況の記載された表題部、不動産の権利関係が記された権利部から成っています。

さらに権利部には、所有権について記載された甲区、所有権以外の権利が記載された乙区があります。

不動産登記簿は、誰でも自由に閲覧または登記簿の写しを入手することができます。

関連項目

  • 最終更新日:2010年10月06日(水)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ