ベビーブーム

読み方:べびーぶーむ

特定の地域で一時的に出生率が上昇する現象を「ベビーブーム」といいます。

ベビーブームとは、特定の地域で一時的に出生率が上昇する現象のことです。

日本では、第二次大戦後の1947年(昭和22年)から1949年(昭和24年)のベビーブームを第一次ベビーブーム、第一次ベビーブーム世代が親になった1971年(昭和46年)から1974年(昭和49年)のベビーブームを第二次ベビーブームといいます。

関連項目

  • 最終更新日:2013年12月09日(月)  

[スポンサードリンク]

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ